好きなモビルスーツその2、ガンキャノンの魅力



ガンキャノンかっこいいですね

ええ、あの赤くて無骨で重戦車のようなムードを漂わせ、

どっしりとしたフォルムと、肩に2門のキャノン砲

「主人公メカのガンダムよりこちらの方が強そう」

当時子供だった自分は素直にそう思いました。

いまさら説明することでもないと思うが、このデザインは

ハインラインの小説「宇宙の戦士」の挿し絵を手がけていた「スタジオぬえ」がデザインした

「パワードスーツ」を参考にしたものらしい(というかそのものですね

作画監督の安彦良和さんはこのデザインがとても気に入ったらしく

これを主人公メカにしたかったとか(どこかで読んだ筈だけど思い出せません、勘違いor妄想だったらごめんなさい)

当時は知らなかったのですが、このモビルスーツを構成する要素は、宮武一貴さん、大河原邦夫さん、安彦良和さんと、自分にとってはなんて贅沢なんだ!というぐらい大好きな人たちだったのですね(そりゃあ好きになりますって)
画像


中距離支援MSのガンキャノンですが

何でも初期設定資料にはヒートジャックまたはヒートナイフという近接武器が描かれていたそうなんですが

自分は見たことがありません。マジで見てみたいです

両肩のキャノン砲は240mm低反動砲ということで実体弾なのですが

何発携行できるのかはどこにも載ってませんね(自分の調べた範囲では)

劇中では結構な数を撃っているようでもあり、カイ・シデンがパニックを起こし全弾撃ち切るシーンもあったのですが

この弾倉はどこにあって、どこから装填して、何発携行できるのでしょうか気になってしょうがありません。
画像
見た感じ排煙管付きのバーニアしかなさそうな背中


UCGOでのRX-77-2ですが、硬さも、足の遅さもイメージどうりで不満はなかったのですが

自分は乗っていて何かもの凄い違和感があったのですが、それは動きの硬さですね、
画像

安彦良和さんの描くガンキャノンの最大の魅力ともいえる、しなやかさとか重量感が全く感じられなくて

何かプラモデルのような感じが許せなくて、こんなのガンキャノンぢゃないやいって思ってましたね。
(ま、CGモデリング等でそれを再現しろって方が無茶なんですがね)

ガンキャノンが本編で最も活躍したエピソードがセイラ出撃のときだと思うのですが

このときのガンキャノンはアムロが搭乗、まさに鬼神のごとき活躍でザク1機撃破、グフを退け

ガンダムを鹵獲しようとするザクをグーパンチと足払いと結う華麗なコンボ技で倒し

逆に鹵獲してしまうという大活躍を見せるのですが(安彦良和さんの作画がすばらしい)

グーパンチはグラップルで再現できるとして、足払い=キックは出来ませんでしたねぇ

ガンダムもガンダムキックでドップを蹴散らすシーンもあった訳で、かなり有効な攻撃手段とも思えるので

MSキックデバイス いかがっすか?

スキルはやっぱりHtoHになるのかな(足なのにハンドかいw)

う!・・・ということは爪の鋭い方々は3段蹴りが出来るわけですね 飛竜三段蹴り!!(分からない人はお父さん聞こう、いや、お父さんでも知ってる人は稀だろう)

キックの種類もいろいろあったら「しゃがみ小キック」でチクチクと・・・ イヤこれは要らないですね(自重)

UCGOでのガンキャノンの思い出というか不満がもうひとつ
 
大好きなガンキャノンが生産可能スキル到達になり(新しいMSが生産リストにあがったときってほんとにうれしかったなぁ、修行が酷い分よけいに)強化も出来ないのに早速生産して、当然迎撃戦であっさりと落とされ、

いつものようにミデアをチャーター、町に戻り生産を続ける・・・

コアファイターは!???

中身入ってないんかい!?

高い生産コストでRXシリーズ作る意味ないじゃん(イヤ、ソンナコトナイヨ)

パイロットや戦闘データの生還率を高めるシステム「コアブロックシステム」これはRXシリーズのキモの筈ではなかったのか?

でもねUCGOの世界では駆け出しの新兵さんでもランバ・ラルもびっくりの大脱出が出来てしまうんですね

MS爆散と同時に地面に飛び降り華麗に着地。
その後ポーズを決めて、降ってきた残骸が頭にでも当たろうものなら、それはもう戦闘メカザブングルの世界です

脱出機構自体が無意味な仕様だったんです。

でも航空機実装のときにコアファイターも実装して、コアシステムも実装してよかったんじゃないかぁ?
画像

ということで勝手に脳内実装 >ガンダム、ガンキャノンは1度落とされても、

その瞬間にコアファイターに搭乗、そのまま戦闘を継続できるし、生還できればロストスコアにはカウントされない

こんな感じでドデスカ

同じRXシリーズでも、ガンタンクはコックピットが頭にあるので

MSが落とされる(この時点でロストがカウントされる)と残骸とともにコアファイターが現れる(もちろん所有権は搭乗者のもの)搭乗する場合はダブルクリックをして乗り込む手間が生じる。(乗りたくなければそのまま放棄)

こうしてみるとガンタンクの操縦系統の改装はなぜコアブロックではなくて頭にコクッピットを統一したのかがナゾですね(ハヤト君の生還率はどうでもいいという事なのでしょうか?






Copyright(C)NEC BIGLOBE, Ltd. 1996-2009




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック