敗残兵の迷走戦記39・南極条約違反

公式イベントで各都市に配置されたビッグトレーやダブデを破壊し合う
と言うのがあって (タイトル忘れちゃったw)
自分はパースEFテント近くに配置された
ビッグトレーを守るグループにいました
(なんかハリボテだったのには、がっかりでしたw)
イベント開始早々2,3機のジオンプレイヤーが突っ込んできて
見事なまでの集中砲火に機体が蒸発
じゃあまた出直しとばかりにファットに乗り込んだときに
友軍の方が
「ファット撃って」
「帰さないで」
「相手の人数を少しでも減らして」
と指示が出たんですが
自分は
『えぇっ!?』
と思ってしまい
他の方達がファットを撃つのをただ見ていました
(いや、最初のうちは指示通り撃ったかも><)
確かにイベントでは常に数的不利に泣かされていた連邦軍としては
この作戦は見事かもしれない
と思ったんですが
この頃にはもう自分はなんとなく
反撃の出来ない
ファットを撃つのは乗り気でなかったので
(襲撃で自分のトラックを落とした相手や生産者さん達を
散々落とした相手のファットは仕返しとばかりに撃ってたりしたw)
ただ傍観していました
最初の攻撃で落とされそのまま囚われの身になってしまったのは
ユ〇ヤス さん (記憶違いの人違いの可能性ありです><)
だったと思います
何度もファットで飛び立とうとしますが
撃ち落とされてしまいます
自分は撃つのが嫌だったので
ユ〇ヤス さんに勝手に話しかけていました
(最初のうちは2,3人捕まっていたのですが
他の方達は脱出に成功)
何度もファットでの脱出を試みた 
ユ〇ヤス さんが
「あAMあがったw」
と言うと、自分も
「うそ?ファットでもあがるんだ!」
とマジで驚き
他の友軍の方が
「前はNPCもミデアを攻撃してきたから、
わざとNPCのたくさんいる場所で
ミデアに乗ってアンバック上げをした人もいた」
と教えてくれて
『そんなことを思いつく人もいるのかぁw』
と本気で感心してしまいましたw
さらに自分は
「こんなに落ちたら降格しちゃうんじゃない?」
などと天然な心配をして
他の方に
「輸送機は落ちても降格はしないんじゃないかな」
と、教えてもらったりしていました、
そうしているうちに
ユ〇ヤス さんは変なスイッチが入ってしまったらしく
(UCGOって変なスイッチ入る事多い
ゲームだったと思います、
自分も結構ありましたw)
「もっと撃ってこい」
「タゲが足りないぞ」
「飛び去るとこだったぞ」
などとイケナイ脳内物質が溢れている様子でした
結局 ユ〇ヤス さんは
イベントの最初から最後までファットで撃たれ続け
ファットを撃つように指示した方から
「まだいたの」
と言われていました
『えぇ~っ><』
そんなぁって感じです
ユ〇ヤス さんが本当にお気の毒で
こんな時こそKYぶりを発揮して
(KYって死語くさいなw死んではいないかもしれないが死に体だな)
「もうやめません?^^;」
と友軍の方々に言うべきだったんじゃないかと思っています
これって南極条約違反の捕虜虐待じゃないのかな・・・
ユ〇ヤス さん すみませんでした m(_ _)m
(人違いだったらどうしよう
そういう目にあったジオンプレイヤーが居られたのは事実です)

その後脱出を諦めてタクシー 
(これも撃たれてたんじゃないかな)
やマラソンでのパース潜入
を試みた ユ〇ヤス さんが
やっとの事でハンガーまでたどり着いたときに
兄〇 さんからいきなりパソコンのパーツの話を振られて
「へ???」
と、なっていた姿がとても可笑しかったです

自分は生産キャラをハンガー前に放置していたので
イベントに参加しながらも、もう一つのパソコン画面で
イベントに参加せずに世間話をしながら武器生産をしていた
兄〇 さんたちの会話も聞いていたので
兄〇 さん達がパソコンだかオーディオだかの
ケーブルか何かパーツかアクセサリーの話をしていた
のも知っていたんですが
兄〇 さんはその話を
やっとの思いで街までたどり着いた 
ユ〇ヤス さんに
「君はケーブルは何派」
と、いきなり振ったんですw
さらに
「ともにケーブルについて語り合おう」
と言われた
ユ〇ヤス さんの
何のことかわからず困惑している様子が
傍から見ていて本当に可笑しくて
散々な目に遇ってやっと街についた
ユ〇ヤス さんの行動が丁寧なネタフリになっているようで
自分的には笑いの神が舞い降りた瞬間を見た気がしましたw
やはり兄〇 さんは面白い方でしたw
画像






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック